石原総合法律事務所 Ishihara Law Office

メニュー

新着情報

暑中お見舞い申し上げます(夏期休暇のお知らせ)
【2022.07.29】
暑中お見舞い申し上げます(夏期休暇のお知らせ)

当事務所では、8月12日(金)、8月15日(月)を夏期休暇とさせていただきます。
8月16日(火)より業務を開始いたします。
なお、当面の間は感染症対策のため、10時から17時に時間を短縮させていただいております。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承ください。

事務所報2022年夏号はこちらからご覧ください。

成年年齢の引き下げについて
【2022.05.25】
成年年齢の引き下げについて

 明治時代から約140年間にわたって20歳とされてきた民法の成年年齢が、法改正により、今年(令和4年)の4月1日から18歳に引き下げられました。ちなみに、今年4月1日の時点で18歳ないし19歳だった人は、同日をもって一斉に成年となりました。
 選挙権をもつ年齢は少し前から18歳ですが、今回の法改正によって民法上の成年年齢も同じになりました。
 民法上、未成年者が契約等の法律行為をするには、親権者等の法定代理人の同意を得なければなりませんが、成年になれば、それを一人ですることができるようになります。従って、上記法改正後は、18歳になれば、一人で契約(クレジット契約、ローン契約、賃貸借契約等々)をすることができるようになります。
 また、未成年者は父母の親権に服しますが、成年になればそれに服さなくなります。従って、上記法改正後は、18歳になれば、自分の住む場所を自分で決めたり、進学や就職などの進路を自分で決めたりすることができるようになります。
 ただし、飲酒、喫煙及び競馬等のギャンブルについては、これまでと変わらず、20歳にならないとできません。この点はお気をつけください。
 ところで私の子どもは19歳のため、上記の法改正により今年4月1日に成年になりました。でも、誕生日でもない日に成年となり、かといって一緒にお酒が飲めるようになったわけではなく、なんとなく切りがよくない感じがしています。私の中では、一緒にお酒が飲めるようになったときが大人になったと実感できるときなのではないかと思っています。
弁護士 鈴木隆臣

弁護士入所のご報告
【2022.04.01】
弁護士入所のご報告

 この度 当事務所は、前名古屋地方裁判所判事補の築山健一弁護士を迎えることになりました。同弁護士は、平成31年から2年間、判事補及び検事の弁護士職務経験に関する法律の規定に基づき当事務所に弁護士として勤務しておりました。同弁護士は、その間、常に依頼者に寄り添いながら誠実に職務を遂行し、皆様から高い信頼を得ており、今回の同弁護士の加入は当事務所にとっても大変心強いものであります。
 当事務所では、これを機会に、業務体制の更なる充実を図り、より迅速かつ適確なリーガルサービスの提供に努めてまいりますので、今後とも一層のご交誼を賜りますようお願いを申し上げます。
所長弁護士 石原真二 

【築山弁護士挨拶】
 このたび裁判官を退官し、石原総合法律事務所に入所することになりました。
 もとより未熟者ではございますが、皆様のニーズを的確に把握し最適なリーガルサービスを提供できるよう、日々の研鑽を怠ることなく、誠心誠意、日々の業務に励んでまいる所存です。
 皆様におかれましては、以前と変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
弁護士 築山健一

裁判のIT化等
裁判のIT化等
【2022.03.16】
裁判のIT化等

 やっと暖かくなり、春の訪れを実感できるようになりました
 今年の冬は寒さが厳しかっただけに、いつにも増して季節の変化がうれしく感じます。
 ただ、コロナはまだまだ治まらず、ロシアのウクライナ侵攻もあり、世の中は相変わらず暗いニュースばかり目につきます。
 そうはいっても、暗いことばかり考えていても仕方ないと思いますので、別のことを書きたいと思います。(明るくもありませんが。)
 1つ目、私たちの仕事に関することで、裁判も確実にIT化が進みつつあります。
 裁判の一部の手続がWEB会議の形で行われることが多くなっています。
 前からTEL会議という形はあったのですが、コロナに伴い、WEB会議の方式が定着しつつあります。また近々一部の裁判所で訴状等をネットで提出できるようになるとのことで、IT化が遅れていた司法の分野でも大きな変化が起こりそうです。(もっとも、私は全くついて行けません。)
 2つ目、私たちは、内部通報制度における外部窓口を担当することがあるのですが、最近件数が多くなってきています。内容はやはりパワハラ関係が一番多く、次に残業等の労働時間に関するものです。
 企業に求められるコンプライアンスは増々厳しくなってきていますので、経営者の方は労働問題には十分注意をして下さい。
 問題によっては、企業の信用問題に発展することさえあるのです。
 3つ目、私は津島市在住ですが、ゴールデンウィークの時期に市内の公園で藤まつりが開催されます。
 藤まつりはいろいろな所で開催されますが、津島の藤棚は大規模で一見の価値はあると思います。
 写真は一昨年、コロナで藤まつりが中止になった時の藤の様子ですが、美しさと香りは格別です。是非一度おこし下さい。
弁護士 杦田勝彦

新年明けましておめでとうございます
【2022.01.01】
新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます。
事務所報はこちらからご覧ください。

▲ ページトップへ