弁護士費用について

弁護士費用とは

 弁護士費用には、法律相談料、着手金・報酬金方式、時間給方式、実費、日当、顧問料等があります

法律相談料 30分5,000円~25,000円まで(税別)
※1相談の複雑さによって変わります。
※2正式に事件をご依頼いただいた後、及び顧問契約締結後の相談は、基本的に相談料はかかりません。
着手金・報酬金方式 着手金とは、ご依頼の際に、最初にいただく費用です。
報酬金とは、ご依頼頂いた事件の処理が終了した際に、その出来高に応じていただく成功報酬です。
時間給方式 着手金・報酬金方式による計算になじまない事件の場合、当該事件処理に弁護士が要した時間に応じて報酬を計算します。
実費 事件処理のために実際に出費したもので、交通費、裁判所に収める印紙代・予納郵券代や記録謄写費用などがあります。
日当 出張が必要な場合には日当がかかります。
顧問料 企業や個人の皆様と、顧問契約をして継続的に提供する一定の法律事務に対して御支払いただく費用です。企業規模、相談の頻度などに応じて顧問料についてはご相談に応じます。詳しくは「顧問契約について」をご覧下さい。

訴訟事件などの弁護士費用の目安

 着手金・報酬金方式の場合、請求する債権額や事件の対象となる不動産の価額など原則として経済的利益の額に応じて金額が決まります。ただし、下記はあくまでも目安であり、個々の案件ごとに事件の難易度等を考慮しつつ決めるのが通常の流れです。まずは法律相談をしていただき、その中でご相談ください。

事件の経済的利益の額が...
300万円以下の場合… 
着手金 8%  報酬金 16% (但し、着手金、報酬金共に最低額は10万円)
300万円を越え3,000万円以下の場合… 
着手金 5%+9万  報酬金 10%+18万
3,000万円を越え3億以下の場合… 
着手金 3%+69万  報酬金 6%+138万
3億円を超える場合… 
着手金 2%+369万  報酬金 4%+738万
▲ ページトップへ